vol.01

重本晋平

まちくさ博士

(綾部市)

「想像力」でまちの風景を塗り替えていく

ー近所でできるやわらか頭の散歩術ー

「想像力」でまちの風景を塗り替えていく

ー近所でできるやわらか頭の散歩術ー

2021.10/23-24
11:00-16:00

giza_edited.png
SHINMACHI MEETING
HOMEに戻る

Vol.1 では、綾部市にて活躍するまちくさ博士こと重本晋平さんをお迎えして、これまでの活動の作品資料やワークショップ作品の展示。またまち歩きワークショップやトークなどのイベントを開催し、まちくさ博士のこれまでの活動について紹介します。

main.jpg
giza_edited.png

イベント1|まち歩きワークショップ
「身近なまちの風景が新鮮に見えてくる―近所で出来る やわらか頭の散歩術―」
町で見つけた「面白い風景」を写真に撮り、大喜利の要領で写真に合った「Q&A」を作ります。身近な風景も見方を変えるとワクワクするような世界に。新しい散歩の楽しみ方を体験してみませんか。
日時|2021年10月23日(土) 13:30-15:30
予約|要予約・申し込み
参加費|500円(イベント2トーク参加費含む)

イベント2|トーク
「まちの見方を再編集する―まちくさという視点と想像の世界―」
まちくさ博士こと重本のこれまでの実践も踏まえ、「まちの見方を再編集する」方法を探っていきます。その場で体験できる「遊び」を交えながら、楽しく愉快な世界へとご案内します。
日時|2021年10月24日(土) 13:30-14:30
予約|要予約・申し込み
参加費|500円(イベント1ワークショップ参加者は無料)

プロフィール
重本晋平(まちくさ博士)
machikusa.com
1985年生まれ京都府八幡市出身。2007年より「まち」に生える「くさ」とその周辺環境(路肩の溝など)を写真に切り取り、そこへ独自の「名付け」をすることで見慣れた風景を想像力をもって塗り替えていく体験「まちくさ」を考案。参加型プログラム「まちくさワークショップ」では、自らまちくさ博士となり各地の小学校で出張授業を行う。現在は綾部市を拠点に新たな創作の種を蒔く日々を過ごしている。

shigemoto.jpg